ベトナムの靴企業と米国のパートナー、オンラインで取引開始

0
78

ベトナム貿易振興局(産業貿易省)によると、ベトナムの靴企業が米国のパートナーとのオンライン取引を行うのは初めてで、3月28日から30日まで行う予定です。

アメリカの60人の輸入業者がオンライン取引イベントに参加する予定です。双方は共に相談し、米国の靴市場の状況について話し合います。新しい状況でも適応できるものとして見通しを評価しています。その結果、機会を創出し、この分野でベトナムの企業と米国を結び付けます。

米国はベトナム製の靴を輸入する最大の市場であり、2019年の輸出高は66.5億ドルに達し、2018年と比較しても14.2%増加しました。

特に2020年の第1四半期には、米国も輸入を主導したことで15.6億ドルに達し、昨年の同時期と比べて10%増加しました。しかし、COVID-19流行影響によって米国の靴市場が減少した影響で、多くのベトナムの輸出業者は2020年の第2四半期および第3四半期の契約について調印できないと述べました。

多くのパートナー企業が急に契約を取りやめたため、ベトナムの企業は対応できませんでした。企業はこの貿易会議を通じて、COVID-19の流行が終わった後、双方がお互いのニーズを確認し、将来の協議を進める方針です。