26 C
Ho Chi Minh City
2021/9/20
spot_img
ホーム特集COVID19パンデミックによりホンダの利益は1,300億円減少した

COVID19パンデミックによりホンダの利益は1,300億円減少した

日本の自動車メーカーであるホンダは、2019〜2020年度の事業利益を13%削減し、6,400億円(59億ドル)と大幅に減少しました。

ホンダは2020年第1四半期の財務報告を発表しました。その年、最初の3ヶ月の製造業者の利益は13%減少し6,340億円(約137兆7060億ドン)となりました。アナリスト19人の予想である6690億円(約145兆7420億ドン)を下回っています。

ロイターの報告によると、これは過去4年間のうち日本の自動車メーカーで最低の利益です。同社ではCOVID-19の大流行により、利益は1,300億円減少したが、現在の状況下では2020年有望な結果を達成することは非常に困難だと言います。

代表取締役副社長である倉石誠司氏は次のように述べています。「COVID-19の影響を正確に予測することは困難ですが、適切な目標を設定します。」

世界的な他自動車メーカーと同様に、同社は徐々に工場の操業を再開していますが、失業の恐れと世界的不況の懸念による低需要により全てが妨げられています。自動車メーカーは、今後数か月の生産を制限するために世界の自動車市場の状況を捉えようとしています。

一部のアナリストは、今年の世界の自動車販売数は前年度よりも3分の1減少する可能性が高いと考えています。これは世界的な金融危機であった2009〜2010年度の11%削減よりもはるかに高い数値となります。

ロイターの推定では、2019〜2020年度の日本の自動車メーカーの自動車販売台数は、7.3%減少し、4年間で一番低い2,650万台となりました。

RELATED ARTICLES
- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments