MARDは価格を安定させるために生きた豚を輸入することを許可しました

0
152

農業・農村開発省は、動物保健省が生きた豚を海外からベトナムに輸入することを許可しましたが、動物検疫の条件を確保する必要があります。

5月27日、農業農村開発省は、他の国からベトナムへ生きた豚を輸入する内容について、動物衛生省に対して書面による回答を発表しました。農業農村開発省は輸出国から提供された記録に基づいて、生きた豚を輸入するリスクを分析する措置に同意します。

書類確認後、動物衛生省は輸入企業と調整し、輸出国の所管官庁とオンライン会議を開きました。そこでこの問題について話し合い、不足している情報を収集しました。これは、輸入リスクの分析、獣医衛生状態の交渉、証明書フォームをインポートするプロセスを完了するためです。

生きた豚を輸入する企業は、動物検疫に関する現在の規制に準拠した上で国内の安全を確保し、30日間検疫隔離を行う必要があります。Covid-19の発生が抑制されたあと、海外からの輸入について現在の規制と手続きに従うものとします。

農業・農村開発省によると、生きた豚をベトナムに輸入するという決定は、アフリカの豚コレラの発生によって、ベトナム国内の豚の供給不足が深刻化し価格が高騰したことが原因とされています。