カントーのニンキエウ埠頭が歩行者天国に、5/1から開始

0
288

カントー市当局は、5月1日からニンキエウ区に歩行者天国を試験的に設置し、地元観光と夜間経済を刺激する。

ニンキエウ区人民委員会のグエン・ゴック・アイン副委員長によると、ニンキエウ埠頭のハイバーチュン通りが、毎週土曜日の午後6時~午後10時まで歩行者天国になるという。

この歩行者天国では、買い物や食事はもちろんのことながら、ベトナム南部地域特有の音楽演奏や民俗ゲームなど様々なショーが行われる。

カントー市当局は今年2月、ニンキウ区での試験的な夜間サービス実施計画を承認した。今回の歩行者天国はその計画の一部である。

カントーにはメコンデルタ最大の水上マーケットである「カイラン水上マーケット」があり、観光地として人気を集めている。

2020年7月、ベトナム政府は夜間経済発展のためのマスタープランを承認した。これにより、ハノイ、ホーチミン、ダナン、ホイアンなどの主要観光地では、午後6時~午前6時までの夜間サービスを実施できるようになった。