ホーチミン市の検疫所で中国人2人が失踪

0
408

ホーチミン市当局は、検疫所から逃亡した2人の中国人を探している。

この2人は1人が22歳、もう1人が20歳で、先日、ホーチミン市で不法滞在が発覚した11人の中国人のうちの1人。

2人は日曜日の夕方、クチ県の検疫所から逃げ出した。

クチ当局は、すべてのゲストハウスをチェックしたが、発見できなかった。

彼らは他の地区に逃げたと予想されている。

グエン・タイン・フォン人民委員会議長は、市のコロナの予防と制御に関する会議で、男性の迅速な捜索を求めた。

フォン氏によると、ホーチミン市は不法移民のホットスポットとなる危険性が高いという。違反者を摘発するために、移民を厳しく管理することを促した。