4連休中に150万人が空港を利用、タンソンニャット空港では利用者数が過去最多に

0
236

4月30日~5月3日までの4連休中、コロナ国内感染にもかかわらず150万人が空港を利用し、前年同期比30%増となった。

また、ベトナム空港公社が管理する21の空港では、前年同期比45%増の1万1000便が離発着した。

ホーチミンのタンソンニャット空港では、4連休前日の4月29日に1日の利用者数が過去最多を記録した。

ベトナムでは4月29日まで1か月以上も国内感染が確認されていなかったため、4連休に向けて国内の各航空会社は新規空路の開設や、既存空路の増便を行っていた。

しかし4月29日以降、38人の国内感染が確認されている。(5日午前時点)

ベトナム政府は2020年3月25日に国境を閉鎖し、すべての国際便を停止した。それ以降は、帰国を望むベトナム人や外国人専門家、高度な技術を持つ労働者のみを受け入れている。