日本は、ベトナムのワクチンコールドチェーン開発支援に2億円を計上

0
241

日本は、ベトナムにおけるワクチンの低温保存・物流(コールドチェーン)開発支援のために2億円(無償)を計上していることを明らかにした。

日本外務省の発表によると、日本はベトナムの発展を高く評価しており、今後も協力、支援を続けていくという。

これに対し、グエン・スアン・フック首相は「ベトナムは、日本を常に重要かつ主要で長期的な戦略的パートナーとみなしており、2億円の無償援助を含む、ベトナムの社会経済開発における日本の効果的かつ実践的な協力を高く評価している」と述べた。

また、フック首相は日本に対し「ベトナム人向けにコロナワクチンを供給することや、コロナ禍で在日ベトナム人コミュニティを支援すること」を要請した。

菅義偉首相は「日本は、ベトナムが必要な量のワクチンを確保できるよう支援し、ベトナム人実習生への支援も継続する」と述べた。

フック首相は、菅義偉首相が初めての海外訪問先としてベトナムを選んだことを高く評価し、「日越関係が強固で包括的に発展していることを嬉しく思う」と述べた。

両首相は「日本とベトナムは、環太平洋パートナーシップに関する包括的かつ先進的な協定(CPTPP)の展開に向けて協力し、また多国間フォーラム(国連やASEAN)でも協力していく」と述べた。