ビンズオン省、主要都市を抜いて「1人当たりの月収」トップに

0
438

統計総局(GSO)は、63省・市の約4万7000世帯を対象とした2020年の生活水準調査を発表した。

この調査によると、ビンズオン省は一人当たりの月収が700万VND(約3.3万円)を超え、ベトナムで最も高いという。

これは、ホーチミン市の654万VND(約3万円)やハノイ市の598万VND(約2.8万円)を大きく上回った。

その他、一人当たりの月収が500万VND(約2.3万円)を超えたのはドンナイ省、バクニン省、ダナン市、ハイフォン市、カントー市であった。

全国平均は423万VND(約1.99万円)で、2019年から2%減少した。しかし、2016年から2020年の5年間では約8%の増加となった。

都市部の一人当たりの月収は554万VND(約2.6万円)で、農村部の348万VND(約1.6万円)に比べて約1.6倍となっている。

月収上位20%の平均は約910万VND(約4.3万円)で、下位20%の約8倍であった。

家計の月間支出は1人当たり289万VND(約1.3万円)と、2018年に比べて13%増加した。しかし、この増加率は2016年から2018年までの増加率(18%)よりも低く、コロナの影響を示している。

GSOは「コロナ禍にもかかわらず、社会保障政策のおかげで貧困家庭数は減少し続けている」と述べている。

しかし「政策立案者は、都市部と農村部の格差、および最富裕層と最貧困層の格差に対処する必要がある」と付け加えている。