ベトナム、1~5月期に約400億円の貿易赤字を記録

0
289

ベトナムは、2021年1~5月期に輸出入ともに増加し、3億6900万USD(約404億円)の貿易赤字を記録した。

統計総局によると、輸入総額は前年同期比36.4%増の1313億USD(約14.4兆円)だった。

輸入総額の94%近くを製造業用の投入物と設備が占め、残りを消費財が占めている。

中国からの輸入額が53%増の433億USD(約4.7兆円)で最多となり、その他の主な輸入相手国は、韓国、ASEAN、日本、EU、アメリカとなった。

一方、輸出総額は前年同期比31%増の1300億USD(約14.2兆円)だった。

重工業製品と鉱物の輸出が33%増の707億USD(約7.7兆円)、軽工業製品および手工芸品も、33%増の470億USD(約5.1兆円)を記録した。

農林産物の輸出は13.5%増の97億USD(約1兆円)、水産物の輸出は12%増の32億USD(約3500万円)だった。

最大の輸出相手国はアメリカで、総輸出額の29%を占めた。その他、中国、EU、ASEAN、韓国が輸出相手国となっている。