金価格が9か月ぶりの高値を更新、米ドル安とインフレ上昇を背景に

0
258

ベトナムの金価格は、米ドル安とインフレ圧力の高まりにより世界的にレートが上昇し、6月2日(火)に昨年8月中旬以来の高値を記録した。

国営の「サイゴン・ジュエリー(SJC)」は火曜日の午後、SJCブランド金を1テールあたり5765万VND(約27.5万円)で販売し、月曜日から0.9%上昇した。(1テール=約37.5グラム)

また、宝飾品大手「DOJI金銀ジュエリー」は、1.19%増の5775万VND(約27.5万円)で金を販売した。

ドルが0.2%低下して他の通貨保有者にとって金の価格が低くなったため、世界価格は0.1%上昇した。

先週、「アメリカの4月の消費者物価が急上昇した」というデータが発表され、基礎的なインフレ率を示す指標がアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の目標値である2%を超えたことが明らかになった。

ロイター通信は、投資戦略の専門家であるマーガレット・ヤン氏のコメントを引用し「金価格は非常に強い上昇トレンドに乗っている。これは、米ドルの下落とインフレ懸念を背景としたものだ」と述べている。