COVID-19の流行は航空会社の財政の41%を「焼き尽くした」

0
64

COVID-19の流行は、多くの航空会社の財政を圧迫しました。政府の支援がなければ破産してしまう状況であるため、ベトナム航空もこのリスクを免れていません。情報は、最近のベトナム航空の会議後、ベトナム航空の財務と会計部門の責任者であるTran Thanh Hien氏から発表されました。

15兆VND以上を失う

国際航空運送協会(IATA)によると、航空業界全体の予測は1ヶ月前に3140億ドル減少すると予測されています。しかし、6月9日、この数字は4190億ドルに達し、年間収益は5%減少しています。今年予想される航空会社の損失は840億ドルです。2022年の間に航空業界は2019年と同じ規模に戻り、2021年には依然として160億ドルの損失が予想されます。

国際機関は、航空業界に関して航空会社をサポートするために2500億ドルが必要であると言います。2020年5月15日まで、世界中の航空会社は1,200億米ドルをサポートしています。 

ベトナム航空の代表によると、COVID-19のため財政の41%(1,570億ドルに相当)を失ったため、口座にお金が残っている会社はほとんどありません。非常に恐ろしい額のチケット料金を返金する必要があります。(ベトナム航空は2月中旬から2020年3月までの約4兆ドルを返金する)

Tran Thanh Hien氏によると、ベトナム航空の推定によれば、年間20兆ドンを超える損失があり、年間生産量は2019年と比較して48%削減されます。売上高は50兆ドン減少しました。2020年にコストを削減した後、損失は約15,000〜16,000億ドンになります。

このうち月2兆1,000億ドンの固定費は、主に航空機のレンタル(1兆3,000億ドン)と、航空機および労働力の減価償却、保守、修理に費やされています。次に、ジェットスターパシフィック航空は、2020年6月の生産も同時期に比べ64%減少し、1兆2000億ドンの損失、売上高は64.2%減少しました。  

「資本補充」と債券の発行

ベトナム航空の代表によると、フランス、オランダ、シンガポールなどの一部の国では、ローン保証、または直接融資が行われています。政府は、債券、株式、転換社債などを発行しています。また、タイ国際航空が破産法に基づく会社更生手続きを裁判所に申し立てることを決めました。

さらに、すべての国の政府が資本を投入し、株主に債券を発行して資本を送り込み、航空会社に資金を調達します。2020年2月初旬からCOVID-19の流行に対処するための計画(コストの削減、無給の仕事、パイロット、客室乗務員の利用率5%)もあるが、削減する必要があります。

一部のパートナーは、2020〜2021年に1億ドンを超える航空機のレンタル費を削減しています。しかし、政府が資本補充しなければ、2020年8月にベトナム航空の資金はなくなります。たとえ国内市場が100%回復したとしても同じことが起こります。 

平均収益は依然として50%減少しており、航空会社はキャッシュフローをめぐって競争しています。国が航空業界を救うためのマクロ政策を持たない場合、この状況は年末まで続きます。

伝えられるところによると、ベトナム航空は政府に航空会社の所有者(国の資本は86%を占める)として最低4兆ドン借り、優先金利を要求することを支援するようにまとめた報告書を提出しました。国家銀行の借り換えポリシーに基づく最低の優遇レートであり、緊急支援の状況に適しています。最低ローン期間は3年であり、政府によって保証されています。資本を増やすために既存の株主に株式を発行し、国家は国家資本を使用するか、国家資本投資公社(SCIC)あるいは、その他の国有企業の購入権の下で株式を購入するように委任します。発行規模はローン計画とバランスが取れており12,000億ドンを確保しています。

中長期的に政府はベトナム航空に対して、2021年から2025年までの艦隊投資プロジェクトを実施するために10億ドンの10年債を発行することを保証しています。

Hien氏によると、ベトナム航空は国に「お金を汲み上げる」ことを求めてはいないと言うが、そうしなけれが借りることは困難であり、国からの救済があれば投資家からの信頼が高くなります。総資産が70兆ドンを超えていますが、COVID-19の流行は誰にも予測できません。したがって、資本を増やすために既存の株主に株式を発行することが最適です。 

「現在、国家はベトナム航空の株式の86%を保有しているので、国家は彼らの「子供たち」に支援することは合理です。これは株主の支援を求めなければならない他の航空会社と同じです。」とHien氏は言いました。