1~5月期のベトナム企業による海外投資額、前年同期比3倍以上に増加

0
172

2021年1~5月期のベトナム企業による海外プロジェクト投資額は5億4670万USD(約599億円)で、前年同期比3倍以上となった。

計画投資省によると、このうち1億4400万USD(約158億円)は21の新規プロジェクトへの投資で、前年同期比11.3%減となった。

一方、9つの既存プロジェクトには4億320万USD(約441億円)が投入され、前年同期比22倍に急増した。

分野ごとでは、科学技術分野への投資が全体の約50%を占めている。次いで、卸売・小売業分野が27%、農林水産業、サービス業と続く。

また、投資先は15カ国で、アメリカが3億300万USD(約332億円)で55.4%を占めている。次いで、カンボジアが8910万USD(約97億円)、カナダが3210万USD(約35億円)、フランスが3200万USD(約35億円)だった。

ベトナム企業は近年、世界進出のために海外投資を増やしている。

5月20日時点で、ベトナムには1420件の海外プロジェクトがあり、その総額220億USD(約2.4兆円)近くにのぼる。主に鉱業分野が36.4%、農業・林業・水産分野が15.3%を占めている。