ホーチミン証取、停止していた「注文変更・取消」を再び利用可能に

0
76

VPS、Mirae Asset、VNDirect、HSC、FPTSなどの大手証券会社は、取引のピーク時を除き、注文の変更・取消オプションを再び利用可能とした。

新規投資家の大量流入によってホーチミン証券取引所(HoSE)のシステムに過負荷がかかっていたため、証券会社は取引数を減らすために注文の変更・取消オプションを禁止していた。

国家証券委員会(SSC)関係者は「システムの安全性指標が許容レベルに戻ったことを確認したため、注文変更・取消の禁止措置を解除した」と述べた。

しかし、「再び過負荷状態となった場合には、この禁止措置を復活させる可能性もある」と付け加えた。

HoSEの統計によると、6月初めには総取引数のうち33.5%を注文の変更・取消が占めていたが、8日(火)には7%以下にまで激減した。

SSCによると、市場の流動性は大きく改善され、実際の売買に余裕が出てきたという。

1日の取引額は、5月の約22兆VND(約1050億円)から、現在は28~30兆VND(約1337億~1432億円)に増加している。