コロナを乗り越え成長遂げたカントー市、工業生産や小売部門など好調

0
210

カントー市は2021年1~5月期において、コロナの影響を受けながらも、工業生産、小売、観光部門において目覚ましい成長を遂げた。

工業生産高は前年同期比9%以上の伸びを示し、小売売上高とサービスの合計は約15%増の約63兆1000億VND(約3013億円)となった。

観光部門は回復傾向にあり、売上高は18%増の1兆2500億VND(約59億円)で、訪問者数は約58%増加した。

投資誘致額は5か月間で3倍に増加し13億USD(約1422億円)となり、国内のFDIランキングで3位となった。

しかし、公共支出がほんの一部しか支出されておらず、これが長年にわたるカントー市最大の問題の1つとなっている。

カントー市人民委員会のチャン・ベト・チュオン議長は「同市は、経済復興とコロナ感染防止の両方に力を入れている」と語った。

カントー市は、2025年までにメコンデルタを代表する主要産業拠点となることを目指しており、年率7.5~8%の経済成長を目標としている。

そのために、「食品・飲料加工」「化学」「機械・電子」「発電」の4つの主要部門の再編に注力している。

また、支援政策や行政改革を通じて投資環境を整え、事業の立ち上げ促進を目指している。