ベトナム民間航空局、規則違反の乗客6人を最長12か月間の搭乗禁止処分に

0
206

ベトナム民間航空局(CAAV)は、安全規則に違反した6人の乗客に対して9~12か月に及ぶ搭乗禁止を命じた。

まず、クアンニン省出身の乗客は、3月16日のフライト中に機内のトイレで喫煙し、注意を受けても止めなかった。そのため、2021年6月20日~2022年3月19日まで9カ月間の搭乗禁止処分を受けた。

また、ハザン省出身の乗客は飛行機出口のスライドを開け、罰金の支払いを拒否したため、9ヶ月間の搭乗禁止処分を受けた。

他にも、4人の乗客が偽の書類を使って飛行機に搭乗した。この4人は罰金の支払いを拒否したため、2021年6月20日~2022年6月19日まで12ヶ月間の搭乗禁止処分を受けた。

CAAVは各空港や航空会社に対し、搭乗禁止となった乗客を判別するためにデータを更新するよう求めた。