ベトナム北部中部をさらなる熱波が襲う、22日以降は暑さが緩和と予想

0
446

ベトナム北部および中部地域では、最高気温が40℃を超える猛暑日が続くと予想される。

国立水文気象予報センターによると、6月18日~21日にかけて北部・中部地域では最高気温が37~40℃になり、さらに一部地域では最高気温が40℃以上にもなるという。

ハノイでは最高気温が30〜40℃、湿度が40〜55%程度になると予想されている。また、1日に10〜19時間は高温を記録することになるという。

6月22日以降、北部地域では熱波が終わり、中部地域では暑さが緩和されると予想される。

炎天下の中、特に電力使用の需要が高い地域や中部の森林地域で火災に関する警告が出されている。

専門家は「長袖シャツ、襟付きジャケットなどの皮膚を保護できる服を着用し、顔、首、耳を覆う幅広の帽子をかぶること。また、紫外線防止機能のあるサングラスを着用すること」とアドバイスしている。