ベトナムのワクチン「Nanocovax」の緊急使用を求める

0
251

ワクチン「Nanocovax Covid-19」を製造するベトナムのNanogen社は、その緊急使用の承認を求めている。
Nanogen社のジェネラルディレクターのHo Nhan氏が火曜日に語ったところによると、同社は先週Pham Minh Chinh首相に承認のための提案を提出したが、これまでのところ回答は得られていないという。

ベトナムは現在、4種類の国産Covid-19ワクチンを開発している。

Nanogen社のNanocovax、
Institute of Vaccines and Medical Biologicals (IVAC)社のCovivac、
Vaccine and Biological Production Company No.1 (Vabiotech)社
Center for Research and Production of Vaccine and Biologicals社

のワクチンである。

その中でも、Nanocovaxは最も有望な候補と考えられており、約13,000人のボランティアを対象とした第3相のヒト臨床試験に入っている。これまでに1,100人以上のボランティアが接種を受けている。

Nanogen社によると、ワクチンは99.4%の確率で免疫原性反応を起こすという。
価格は1回12万VND(約550円)を想定している。

Nhan氏によると、同社は月に800万~1200万本のワクチンを生産することができ、10月以降に生産チェーンをアップグレードすることで、月に5000万本まで生産性を高めることができるという。また、2022年には1億本の生産が可能になるだろうと述べています。

ベトナムでは、人口の70%をカバーするために、様々な供給源から今年1億5,000万本のワクチンを確保することを目指しています。現在行われているワクチン接種キャンペーンでは、これまでに150万人以上がアストラゼネカ社製のワクチンを接種している。

また、ロシアのスプートニクV、米国のファイザー/バイオンテック、中国のシノファームなど、海外のワクチンを緊急用に承認している。