ワクチンパスポート、フーコックでの導入計画策定が急がれる

0
372

文化スポーツ観光省は、ワクチンパスポートを導入してフーコック島に外国人観光客を受け入れるための計画策定を急いでいる。

グエン・ヴァン・フン文化スポーツ観光相は24日(木)、「外国人観光客の受け入れとコロナ予防策の遵守を両立させなければならない」と述べた。

これまで、同省とキエンザン省当局は、フーコック島への外国人観光客受け入れ計画を作成し、ファム・ミン・チン首相に提出するよう要請されていた。

保健省は以前、「感染を抑制できている特定の観光地でワクチンパスポートを試験的に導入するために、関係機関と協力していく」と発表していた。

コロナ予防・管理国家運営委員会は、ワクチンパスポートの使用資格を有する3つのグループを4月に決定した。そのグループは次の通り。「海外に在留中のワクチン接種済みベトナム国民」「ビジネス目的でベトナムへの入国を希望する外国人」「外国人観光客」

ベトナムでは、ワクチン接種によって集団免疫を獲得している国など、コロナにうまく対処している国から人々を受け入れる予定である。

キエンザン省当局は先週、フーコック島で外国人観光客を受け入れられるように、島民へのワクチン接種計画を発表した。