サイゴン鉄道、ホーチミン発着路線の運行停止を2週間延長

0
388

サイゴン鉄道運輸は、ホーチミン発着路線の一部運行停止をさらに2週間延長する。

同社は以前、ホーチミン~ダナン、ホーチミン~ニャチャン、ホーチミン~ファンティエット路線の6月末までの運行停止を決定していた。

しかし、ホーチミン市での感染状況が一向に収まる気配がないことから、この措置を2週間延長して7月中旬まで運行停止することになった。

ファンティエットが省都のビントゥアン省では、第4波で初めて感染者を記録し、ダナンでは約1ヶ月ぶりに市中感染が確認された。

また、ニャチャンが省都のカインホア省でも、24日に初めて2人の感染者を記録した。

現在、ホーチミン~ハノイ路線の列車(SE7/SE8号線)のみが運行を続けている。

サイゴン鉄道運輸は、発車前に列車内を消毒することを指示し、乗客にはマスク着用、医療申告書の提出、車両間の移動の制限を求めている。

先週、ハノイ鉄道運輸はハノイ~ハイフォン路線の運行を再開した。