フーコックでのワクチンパスポート、まずはロシアから受け入れか

0
435

キエンザン省当局は、フーコック島で試行するワクチンパスポートプログラムについて、第1段階では規定回数のワクチン接種を完了したロシア人観光客を受け入れることを提案した。

キエンザン省人民委員会のマイ・ヴァン・フイン副委員長は、6月26日に行われた保健省との会議でこの提案を行った。

「第1段階が成功すれば、第2段階では、ワクチン接種率が高い他の国からも観光客を受け入れることができるだろう」とフイン氏は述べた。

計画では、7月に第1段階、9月に第2段階を実施する予定である。

住民の安全を確保してワクチンパスポートの導入を早めるため、キエンザン省当局は保健省に対し、フーコック島の11万人にワクチン接種を優先するよう要請した。

ワクチン22万回分(1人×2回)の接種費用は、アストラゼネカ製ワクチンが293億VND(約1億4065万円)、ファイザー製ワクチンが403億VND(約2億円)と見積もられている。

これに先立ち、ファム・ミン・チン首相は文化スポーツ観光省に対し、観光業の回復のためにワクチンパスポートプログラムの計画策定を急ぐよう指示した。

観光業はフーコック島の経済の柱であり、昨年は観光客数が30.6%減少し、外国人観光客数については76.1%も減少したという。

フーコック島は、2014年に政府が30日間のビザ無し入国を認めたことで、外国人に大人気の観光地となった。