日本の居酒屋はコロナで「苦しんでいる」

0
105

日本でCOVID-19の発生以来、混雑する居酒屋の姿は消え、彼らは生き残るため自身を適応することを強いられました。

何十年もの間、居酒屋は快適なスペースで安い飲み物を提供する場所として多くの人が利用しています。日本では5月下旬に社会隔離措置の緩和が解除されましたが、各居酒屋は今も危機的な状況にあります。多くの企業が従業員の自宅勤務を許可していることと、社会的間隔の規則によってほとんどの店舗で座席が半分になりました。

「週2回くらい飲み会に行っていましたが今は違います。仕事の後、同僚と飲みに行くのが楽しみだった居酒屋さんが困難な状況に陥っているのはなんか寂しいですね。」と26歳のErika Aoiさんは語りました。Hitoshi Yaosaka氏のレストランが最も影響を受けています。東京でYaosaka氏が運営している10店舗の居酒屋では、以前と比ベて3分の1の客数という状況だと言います。

「酒を飲む文化が尊重されなくなったら、居酒屋が存在できるわけがない。」とYaosakaは話します。

未来は暗い

政府はパンデミック中の各制限命令に時間枠を設定しました。しかし、日本の当局は、ワクチンが開発されるまで命令は完全に解除されないだろうと警告しました。これにより、多くの企業が従業員に在宅勤務を許可し、居酒屋へ行く必要性をさらに減らしました。東京商工リサーチのデータによると、COVID-19の発生中、日本で倒産した企業の16%はレストランとバーでした。

「消費者支出は6月にいくらか回復するかもしれないが、パンデミック前のレベルに戻るまでには非常に長い時間がかかるだろう。」と第一生命経済研究所のチーフエコノミストYoshiki Shinke氏は言ました。

顧客不足により、コロワイドのように大規模な居酒屋チェーンは、2,665店舗中7%を閉鎖しました。Watamiも約500の施設中13%を閉鎖している。政府のカウンセラーで日本の飲料メーカーである大手サントリーホールディングスの責任者であるTakeshi Niinami氏は、このパンデミックによりバーやレストランの20%以上が破産する可能性があると警告しました。

存在できるように適応する

市場は常に縮小しているものの、多くの居酒屋ではパンデミックを生き残ることは容易ではありません。この状況下、多くのレストランオーナーはビジネスモデルを変更する決定に迫られました。ワタミは家族向けの和牛レストランを開店するほか、唐揚げの宅配サービスも展開します。

東京の日本橋ビジネスエリアに近い居酒屋のSETOUCHIレモン食堂は、パンデミック前は常にお客さんでいっぱいでした。しかし現在、社会的間隔によってレストランは50席から30席に削減することを余儀なくされています。

失われた売り上げを埋め合わせるために、SETOUCHIレモン食堂はランチをより多くの顧客に販売するためにフードトラックを購入しました。同時に、このレストランもオンラインで食事の販売を始めました。

今年中の景気回復は期待していないと、SETOUCHIレモン食堂を所有するベアーズコーポレーションのCEOTadao Nakashima氏。

「パンデミックは私たちのビジネスプラットフォームを揺るがしました、それは直接のレストランビジネスでした。アルコールの提供にあまり重点を置かない新しいビジネスモデルを考慮する必要があるかもしれません。」とNakashima氏は言います。